宇宙や生命について考えたことを書いてみる

宇宙や生命についてのエッセイです。事実に基づき書いているつもりですが、間違い、調査不足だったりすることもあるかと思います。また、筆者の妄想モードの場合は、予めそう書きますのでご了承ください。ゆるい感じで楽しんで頂ければ何よりです。

将棋電王トーナメント開催前に考えてみたこと

第5回将棋電王トーナメント(2017年11月11-12日開催予定)が始まる前に、改めて今年開催された第27回世界コンピュータ将棋選手権(2017年5月3-5日)を見てみた。優勝ソフトがどうなったかの結果については既に知っていたので、優勝が決まった事実上の決勝戦…

地球の生命の始まりについて考えてみる~宇宙・生命定番の疑問シリーズ~

宇宙や生命の定番の疑問の一つに次のものがある。「地球上の生命はどうやって生まれたのか。」数年前こんなニュースがあった。2013年11月、何も無かった海面に海底火山の噴火により突如新しい島ができたというものでる。小笠原諸島で噴火が起こり溶岩流が噴…

カッシーニ、最後のミッションへ!

土星探査機カッシーニが最後のミッションに入っている。カッシーニは、1997年に打ち上げられ、これまでに数多の土星やその衛星の写真を送ってきた。20年間稼働してきてきたカッシーニだが、ついに2017年9月15日、土星大気圏にダイブしてその使命を終える予定…

NASAが緊急発表。39光年先に地球に似た7つの惑星を発見!

先日(2017年2月23日)、NASAが緊急発表しましたね。NASAは太陽系から39光年離れたところに地球に似た7つの惑星を見つけた。トラピスト-1(TRAPPIST-1)と名付けられている。 ニュースは例えばこちら natgeo.nikkeibp.co.jp 本家NASAの発表はこちら www.na…

宇宙の定番の疑問の一つ「時間とは何か」を考えてみた

「時間とは何か」これもまた宇宙を語る時によく出てくる疑問の一つである。考えても考えても答えは出ない。しかし、分かっていることからいろいろ想像することはできる。■相対性理論相対性理論によると時間は伸び縮みするものである。この辺りを書き出すとど…

人工知能(AI)のトリセツ(昨今の将棋界におけるある出来事から思うこと)(2)

前回は、AIに求めるもの求めないものについて書いた。前回ブログはこちら↓ 人工知能(AI)のトリセツ(昨今の将棋界におけるある出来事から思うこと)(1) - 宇宙や生命について考えたことを書いてみる 今回は、少し冷静になって、AIと人間の関係を整理し…

人工知能(AI)のトリセツ(昨今の将棋界におけるある出来事から思うこと)(1)

■衝撃的なニュース「将棋竜王戦挑戦者がソフト利用不正疑惑?」とのニュースがネットを賑わしている。このニュースを人工知能(以下、AI)と人間との関わり方という切り口からから考えてみる。まずニュースの概要だが、一言でいうと、ある将棋のトップクラス…

人工知能について考えてみる(その2)※不定期ネタ

過去に人工知能について書いたものはこちら↓ sohsan.hatenablog.com sohsan.hatenablog.com ■様ざまな人工知能昨今、人工知能が旬である。囲碁で「AlphaGo」(DeepMind社開発)がイ・セドル(韓国のトップクラスの棋士)に勝ち越したのも記憶に新しい。将棋…

地球外文明の数について考えてみる(後編)

【前編はこちら】 sohsan.hatenablog.com 前回は、ドレイクの方程式とそれを発明したドレイク博士自身の計算について書いた。■文明の存続期間は?パラメータLで表されている文明の存続期間も結果を大きく左右する。ここが一桁変わると、最終的に地球外文明の…

地球外文明の数について考えてみる(前編)

■地球外文明はあるのかこの宇宙にどれくらいの数の地球外文明があるのだろうか。これを具体的な式で示したものに、ドレイクの方程式というものがある。 過去にドレイクの方程式について触れたブログはこちら sohsan.hatenablog.com ドレイクの方程式は、単純…

あかつきとかひとみとか

金星探査衛星「あかつき」の軌道修正が成功したとのことだ。姿勢制御用エンジンを15秒間噴射した結果、約800日だった観測期間が2000日まで延びた。太陽に当たる期間が長くなることによって日が当たる期間が長くなり、より長い間、太陽電池に電力が蓄積される…

<閑話休題>最近はまっている番組「ドクターG」

総合診療医「ドクターG」に最近はまっている。どんな番組かというと、実際にあった診療に基づき、それを再現しながら医者の研修医の方達が病名を診断していく、という番組だ。何が面白いかというと、ミステリーの謎解きさながら、事実を積み上げながら、最…

重力波観測時にガンマ線バーストも観測されていたことが判明!

ガンマ線バーストが重力波観測されたのとほぼ同時に観測されていたというニュースがあった。観測したのは、フェルミ天文衛星。ニュース記事はこちら↓ www9.nhk.or.jp 日本フェルミ衛星グループ(広島大学)のニュースはこちら↓ http://www-heaf.hepl.hiroshi…

ついに!アインシュタイン最後の宿題(重力波)が観測される!

■重力波を初観測!重力波を初観測したとのニュースが飛び込んできた。記事はこちら(たくさんある中から分かりやすいもの)↓ jp.techcrunch.com LIGOのニュースリリース↓ www.ligo.caltech.edu 元になる論文はこちら↓ journals.aps.org サマリーはこちら↓ ph…

冥王星のはるか彼方に惑星Xがあるって本当ですか?(後編)

前回のブログはこちら sohsan.hatenablog.com 前回のブログでは、6つの天体の軌道から第9番目の惑星の存在を推測する研究発表を取り上げた。この「観測された事実から何か新しい事実について推測をする」ということは、科学的なアプローチの基本である。今…

冥王星のはるか彼方に惑星Xがあるって本当ですか?(前編)

ついに冥王星の外側に太陽系9番目の惑星がある可能性が出てきた。こちらの記事が分かりやすい。 gigazine.net(Gigazine)過去には冥王星が9番目の惑星だったこともあり、さらに外側にある惑星は順番からいくと10番目になるため惑星Xと名付けられ(ニビ…

はやぶさ2やあかつきのおめでたい話

2015年12月3日、はやぶさ2の地球スイングバイが無事完了したとのこと。おめでとうございます。これでいよいよ、はやぶさ2は目的地である小惑星「Ryugu」(竜宮)に向かう。次に地球に戻ってくるのは、サンプルリターンのミッション成功時となる。ちなみに…

太陽系の惑星等の写真が続々と!(その3)

前々回は冥王星の写真を紹介した。前回は火星の写真を紹介したsohsan.hatenablog.com sohsan.hatenablog.com 太陽系惑星等の写真シリーズは、今回で一旦締めたいと思う。土星探査機カッシーニが土星の衛星であるエンケラドゥス(エンセラダス)に接近した。…

太陽系の惑星等の写真が続々と!(その2)

前回は冥王星の写真を紹介した。次はこれにしてみます。現在、火星探査車キュリオシティが、火星表面を走り回り、様々なデータを収集してくれている。キュリオシティは2012年8月6日に火星表面に降ろされたローバーである。 (写真)マーズ・サイエンス・ラボ…

太陽系の惑星等の写真が続々と!(その1)

太陽系へ放たれた人工衛星達から続々と鮮明な写真が届いている。まずはニューホライズンズ。ニューホライズンがどこへ向かっているかはこの記事参照。 はやぶさ2(その2) - 宇宙や生命について考えたことを書いてみるニューホライズンズは、冥王星やその…

油井宇宙飛行士のtwitterがいろいろスゴい!!

国際宇宙ステーションに滞在して約1ヶ月が過ぎた油井(ゆい)宇宙飛行士。その間には日本の補給機「こうのとり」の結合や最近ではロシアのクルー合流とか様々なことがありました。今日は油井さんにスポットを当ててみたいと思います。まずは、油井さんも写…

宇宙誕生の謎にせまるには?ヒントはどこにあるのか

■生命の誕生をひも解くには生命の誕生を調べるには素粒子の話を避けて通れないようで、カブリ数物連携宇宙研究機構の機構長でもある村山斉先生の本を読んでいる。村山先生は素粒子物理学の第一人者である。 宇宙になぜ我々が存在するのか (ブルーバックス) …

ダークマターに関する新理論

■ダークマターに関する新粒子の提唱先日、ダークマターに関する新理論が発表された。発表したのは、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)の機構長をも務める村山斉さんの研究グループだ。 詳細はこちら(Kavli IPMU) 記事はこちら(AstroArts…

ロシア補給船打ち上げ成功とか新型ロケットH3とか

ロシアの補給船「プログレスM-28M」の打ち上げ成功のニュースがありました。ここ最近、ロケット打ち上げ失敗が続いていた中で、明るい話題となりましたね。あとは、無事にISS(国際宇宙ステーション)にドッキングしてくれることを願うのみです。前…

小惑星ケレスの光る点についての続報

少し前に、小惑星ケレスに光る2つの点が観測されたというのを書いた。 小惑星ケレスに光る2つの点が見つかる。そこに何があるのだろう。 - 宇宙や生命について考えたことを書いてみる ケレスについては、ここ最近ずっと気になっている。探査機ドーン(Dawn…

<閑話休題>レトロゲームのキャラ達が地球侵略!?

最近、映画「ピクセル」の予告トレイラーが流されるようになりましたね。レトロゲームのキャラクター達が地球に侵略してくるというストーリーだそうです。トレイラーを観てみると、パックマンやインベーダー、ドンキーコングなどが登場しています。ある意味…

見えない物質ダークマターを観測する?!

XMASSと呼ばれる施設がある。エックスマスと読む。(クリスマスではないようだ)これは宇宙にダークマターが存在する証拠を見つけようというものだ。ダークマターとは光を出さない(見えない)物質という意味で、直接観測することができない。宇宙にある物質…

「あけぼの」運用終了とか「はやぶさ2」の1回目の軌道修正完了とか

プラズマ圏観測衛星の「あけぼの」が2015年4月23日運用を終了した。1989年2月22日に打ち上げられてから約26年間も運用していたということで、これは予想よりかなり長期ということだ。プラズマ圏といえばオーロラである。オーロラは太陽活動の産物で、明るい…

将棋電王戦とは人類と人工知能の未来を示唆したイベントだったと思う

本記事の前に、将棋ソフトと人工知能について書いたこちらを読んで頂けると理解が深まるかと思います。(過去のブログ) 人工知能について考えてみる(その1)※不定期ネタ - 宇宙や生命について考えたことを書いてみる (写真引用元:朝日新聞デジタルWEBRO…

人工知能について考えてみる(その1)※不定期ネタ

■将棋電王戦の話ここ数年、注目している話題の一つに将棋電王戦がある。人間のプロ棋士とコンピュータ将棋のプログラムが本気で戦うイベントである。これまでは人間側の負け越しのようで、将棋連盟も本気を出し、事前の研究をしっかりやって対策を考え、気力…