読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙や生命について考えたことを書いてみる

宇宙や生命についてのエッセイです。事実に基づき書いているつもりですが、間違い、調査不足だったりすることもあるかと思います。また、筆者の妄想モードの場合は、予めそう書きますのでご了承ください。ゆるい感じで楽しんで頂ければ何よりです。

他の星から「地球観測」していたら?(前編)

■宇宙人を探すプロジェクト

 SETI@homeというプロジェクトがある。カルフォニア大学のSpace Science Laboratoryが運営していて、1999年に開始され今も続いている。その目的を簡単にいうと、宇宙からの人工的な電磁波を捉らえ、宇宙人(正確には地球外知的生命体)を見つけようというものである。

  詳細はこちら

  http://setiathome.ssl.berkeley.edu/

 

■宇宙人を見つけるには?

 他の星で発せられた天然由来ではなく人工的な電磁波があれば、そこには何らかの知的生命体がいるのではないか、という発想に基づいたものである。電磁波が発生しているということは、その星で何らかの活動が行われているということになる。その使用目的については問わない。自分達の通信用でも放送用でも何でも構わない。無指向性の電磁波は地上のみの使用目的であったとしても、勝手に宇宙に向かって漏れ出している。

 もう一点SETIで面白いのは、膨大な量の観測データをインターネットを利用して多くの個人PCに解析作業を割り振ってしまおう(グリッドコンピューティング)という点である。

 

(つづく)

にほんブログ村 科学ブログへブログ村ランキングページへ