読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙や生命について考えたことを書いてみる

宇宙や生命についてのエッセイです。事実に基づき書いているつもりですが、間違い、調査不足だったりすることもあるかと思います。また、筆者の妄想モードの場合は、予めそう書きますのでご了承ください。ゆるい感じで楽しんで頂ければ何よりです。

超ひも理論は宇宙の姿を示している?(前編)

■宇宙は10次元だった?

 

 唐突だが、この世界は10次元*1でできているらしい

 詳細はこちら↓

 http://news.mynavi.jp/news/2011/12/22/073/

 http://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Release/20111222093000/

 

 えっ、3次元でしょ、という声が聞こえてきそうだが、10次元でないと様々な物理式が成り立たなくなるらしい。

 

 

超ひも理論

 理論宇宙物理学の中では、今や常識のようで、超ひも理論超弦理論ともいうが、「ひも」の方が日本語では多い気がする)という式によって、10次元であることが証明されている。

 少し、超ひも理論について触れたい。

 物理学には有名な2つの式がある。素粒子論の式と一般相対性理論の式だ。式はここには書きません。筆者には説明できませんから。ただ、ざっくりした認識としては次のような解釈で良いようだ。

 

 ・素粒子論の式は素粒子レベルの世界、ミクロの世界を表す式である

 ・相対性理論の式は、宇宙規模、マクロの世界を表す式である

 

 マクロとミクロ、この2つはそれぞれ別の過程を経て導かれた式である。ある時、この2つをマージして考えようとする理論物理学者が現われた。彼らは、自分たちが考えた超ひも理論の式から、それら2つの式を矛盾なく導き出せることに成功した。それは、宇宙解明にとっても大きな一歩となった。

 

 以下を参考にしました

  NHKスペシャル 神の数式(全4回)↓

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0921/

 

(つづく)

 

*1:厳密にいうと、1次元の時間と9次元の空間